飲食店向け新型コロナウィルス対策コンサルパッケージ業務を開始します

飲食店向け新型コロナウィルス対策コンサルパッケージ業務を開始します

今のままで第二次感染拡大に耐えられる店作りが出来ていますか?

新型コロナウィルスによる感染が広がっている現在、さらなる爆発的感染拡大が起きる可能性が高いと言われています。例えばインフルエンザウィルスの流行は冬場に集中していますが、その原因は気温と紫外線量に大きく左右されるというAI(人工知能)による研究結果が出ています。

相関と機械学習分析で明らかになったのは、北欧のインフルエンザ感染要因において、気温の低さとUV指数が最も予測能力の高い要因であるということだった。試験官内の実験の結果、低温および紫外線が強い環境では、インフルエンザウイルスの感染力が高い状態に保たれ続けた。

引用元: https://aiboom.net/archives/16350

紫外線によって消毒されるために、夏場は感染のリスクはそれほど高くないというのがその仕組の一つだと考えられますが、新型コロナウィルスも紫外線に弱いというのはわかっています。

そのため、インフルエンザと同じ様に冬場紫外線が低下することで、爆発的感染が引き起こされるのではないかという推論が可能です。紫外線量は正規分布ですが、ウィルスの感染者数も正規分布に近いということからもその可能性が高いものと予測しています。

そうなれば紫外線が減った場合指数関数的に増える可能性が高い為、次期の感染爆発は10月に起きるという可能性が高くなります。

ここにグラフ?掲示

今は「待ち」ではありません。より現実に即した攻めの姿勢が必要

飲食店における新型コロナウィルスの問題は、収束する気配すらなく、大きく経営を圧迫しており、今後も甚大な被害を被る可能性を否めない状況です。これら状況を改善するためには、守りより攻めの姿勢が必要となります。

他店との差別化において、より新型コロナウィルス対策を積極的に講じていることを明確にし、利用者に選ばれる店になるために、NSSでは「新型コロナウィルスに負けるな対策パッケージ」を提供します。

優れた情報収集能力と分析力

我々のパッケージは、各種関係機関との連携や行政組織への情報開示請求など、多彩な情報ソースを元に構築されます。

対策方法に関しては科学的実証などや実際の店舗での各種状況分析のための測定、各種専門家による助言などがパッケージ化されており、一瞥して対処方法が理解出来る形式に成っています。

ここに各種分析装置等を掲示

経験に裏付けられた適切な指導

対応するメンバーは、災害時における復興業務などに長期に渡り関わってきたメンバーであり、今後の行政の方針などの情報を元に適切な対処方法を指導することが可能です。

対応するメンバーは、各種行政機関とも密に連絡を行い情報収集と分析を繰り返します。

ここにこれまでの実績などの実例を少しだけ掲示

対処方法から各種補助金申請のお手伝いまでをリニアに

各店舗に合わせた感染症防疫対策の指導とともに、必要な業者の紹介、各種補助金制度の紹介とそれに合わせた士業者への引き継ぎなどを行います。また、代表の水野は行政書士でもあり、これら状況に合わせたコンサルティングが可能です。

 ここに各種補助金等情報を掲示

 

 

ナショナルセキュリティーサービスについて

日本における自然災害からの復興や、少子高齢化による地域の衰退など多くの問題を抱えた日本において、それらに対処できる人材は多くないのが現実でしょう。

ナショナルセキュリティーサービス(以下NSS)ではこれまで復興活動や地域活性化などに取り組んできた経験者を横軸でつなぎ、実りある現実的なコンサルティング業務を行うことを目的として結成されました。

其の節、設立の準備を行っていた時点で新型コロナウィルスの問題が発生。急遽スピード感を重視して対応のための行動に移りました。

其の結果、プロジェクトとして「新型コロナに負けるな!飲食店生き残りプロジェクト」を開始。各種リサーチや対策のための各団体への調整、対策のための方法論の確立などを行っています。

 

令和2年7月17日

東京都千代田区麹町3丁目5番8号

合同会社ナショナル・セキュリティ・サービス

事務局長 浅川浩二

現在団体内容を確定しています

現在、「新型コロナに負けるな!飲食店生き残りプロジェクト」が緊急に立ち上がった為、組織内容等構築中です。